シロアリ駆除の無料相談する

0120-949-580

TOPシロアリシロアリ対策の鉄則はエサとすみかのない環境作り!予防施工でより確実に

シロアリ対策の鉄則はエサとすみかのない環境作り!予防施工でより確実に

  • ツイート
  • いいね!
  • シェア
  • LINEで送る

シロアリ対策の鉄則はエサとすみかのない環境作り!予防施工でより確実に

住宅のシロアリ対策では、シロアリが発生する条件を知っておくことが重要です。

どんな住宅でも、条件が整えばいつでもシロアリが発生する可能性はあります。シロアリが好む環境を作らないよう日頃から家の状態に気を配りましょう。

このコラムでは、シロアリが好む環境とはどんなものか、それを作らないために自分でできる対策やセルフチェック方法を解説します。

業者によるシロアリ予防の重要性や費用の抑え方、新築時にしておくべきシロアリ対策もご紹介します。

詳しく見る

被害に遭いやすい家の特徴と自分でできるシロアリ対策

シロアリは日本中に広く生息しているので、あらゆる住宅にシロアリの被害を受ける可能性があります。ただ、特に被害を受けやすい住宅には共通する特徴があります

被害に遭いやすい家の特徴を理解し、その状況を作らないよう日頃から気を付けることがシロアリ対策になります。シロアリを引き寄せてしまう環境とそれぞれの対策を見ていきましょう。

屋外に木があるとシロアリを引き寄せる

傷んだ木材

シロアリはおもに木を食べます。家のお庭に木製の柵や枕木、ウッドデッキなどを設置してあると、地面に接している部分にシロアリが引き寄せられてエサにされてしまうおそれがあるのです。

地面に直接接する構造物は、樹脂などシロアリが好まない素材にするのがおすすめです。交換が難しい場合は、木の表面に防腐剤を塗布するなどして対策をしましょう。

また、シロアリは木の中でも枯れたり腐ったりしてやわらかくなった木が大好物です。そのため木の切り株や木材、壊れた木製の家具などをお庭に放置していると、特にシロアリが発生しやすくなります。

木が原料であるダンボール箱なども同様にエサになります

不要な木材やダンボールは屋外に置かないようにし、早めに処分してください。

湿気が多いとシロアリが住み着きやすい

住宅の中でシロアリの被害を最も受けやすいのは、床下です。シロアリは基本的に地中で生活していて、生きるために多くの水分を必要とします。日光が届かず湿気がたまりやすい床下は、シロアリが過ごしやすい環境なのです。

床下全体に日光を当てることは難しいですが、床下に湿気がこもらないようにすることで効果的な対策になります。

床下には通気口が付いているはずですので、通気口をふさがないようにしましょう。雑草が生えて通気口がふさがっているような場合は、草刈りをすると風通しがよくなります。

また、居住部分に湿気がたまっていることもシロアリ被害の要因になります。湿ってやわらかくなったり、腐食したりした木はシロアリの食害を受けやすくなるのです。

天井や壁にシミがあったり、室内がカビ臭かったりという場合、雨漏りや水漏れが発生しているおそれがあります。

雨漏りや水漏れは早めに補修をしましょう。お風呂やキッチンなど水回りの換気をよくすることも重要です。

購入した家具から侵入することも

中古で購入した木製の家具には、ときにシロアリが住み着いていることがあります。特に海外から輸入された家具は要注意です。

家具を購入する際は事前に輸入経路や防蟻処理がされているかどうか、シロアリによる食害の痕跡がないかなどをよくチェックしましょう。

購入後に市販の防蟻剤を塗布するのも対策として有効です。

業者のシロアリ予防は必要?

日頃から自分で対策をしておくことも大切ですが、シロアリの発生を防ぐには業者にシロアリ予防の施工をしてもらうのがより確実です。

しかし、「わざわざ費用をかけてシロアリ予防をしてもらう必要があるのか?」という疑問を抱いている方も多いでしょう。

結論からいえば、業者によるシロアリ予防はしておいたほうがよいです。

なぜなら、予防しておいたほうが結果的に出費を抑えられるからです。その理由を詳しく解説します。

シロアリ被害は大きな損失を招く

シロアリが発生したら駆除すればいい」という考えもあるかもしれません。しかし、シロアリの被害はそう簡単な問題ではありません。

シロアリはハチなどのように人間に危害を加えることはありませんが、住宅に甚大なダメージを与えます。そしてシロアリの最も厄介なのは、被害に遭っていることに気付きにくいということです。

シロアリは地中から住宅に侵入し、柱などの木材を内側から食害していきます。日光を嫌うシロアリは、地上に姿をあらわすことはめったにありません。そのため、被害に遭っていても見た目にはあまり変化がないのです。

以下は実際にシロアリ被害を受けた住宅の写真です。

小さな穴がいくつもある壁

壁紙に穴や剥がれが見られます。一見虫食い程度の被害にも見えますが、壁の内部は下の写真のように大きな被害に発展しています。

シロアリに食い荒らされた壁の中

この写真のように、被害が目に見え始めたときには中身がスカスカに食い荒らされているということがよくあるのです。

これだけの被害があるとシロアリを駆除するだけでなく、被害に遭った箇所の修復が必要になります。

さらに、被害が進行していれば住宅の耐震性も低下します。強度を維持するために家の構造部分をリフォームすることになれば、数百万円という費用がかかることもあるのです。

シロアリ予防の費用は高くても数十万円で収まることが多いので、予防をして被害を防ぐほうが安いといえます。

どんな家でもシロアリ被害の危険性がある

うちはまだ新築だから」「うちは木造じゃないから」という理由で、シロアリが発生することはないから予防も必要ないと思っている方もいるかもしれません。

しかし、このような思い込みでシロアリ予防をしないのは、大きな損失を生むかもしれないリスクの管理を放棄して運任せにしているようなものです。

確かに、住宅は築年数が新しいほどシロアリ被害を受ける割合は低いです。しかし、それは単に新しいからという理由ではありません。

新築住宅がシロアリ被害を受けにくいのは、新築時にシロアリ予防の施工をしているからです。木造住宅の新築時には防蟻処理をすることが建築基準法で定められているのです。

ただし、新築時に施された防蟻処理の効力は永遠ではありません。一般的に、防蟻処理に使われる薬剤の効力が続くのは5年が目安です。

5年を過ぎて薬剤の効力が切れ、シロアリが発生する環境が整えっていれば、築浅の住宅でもシロアリが発生することは十分考えられるのです。

防蟻処理の有効期限や保証については、▼こちらもご参考ください。

また、木造以外の住宅でも、シロアリ被害は起きています。鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物でも、内装には木材を使っている部分があります。

コンクリートにひび割れなどがあれば、シロアリが侵入して内側の木部を食害することがあるのです。

業者によるシロアリ予防をしなくても、シロアリが発生しないことはあるでしょう。しかし、それはたまたま運がよかっただけのことです。

新築でも5年たったら業者に予防を依頼して防蟻処理の効果を保ちましょう。

鉄骨造や鉄筋コンクリート像の住宅でも、床下や木部に防蟻処理を施したり、定期的に点検をしてもらったりといった対策が必要です。

シロアリ予防費用を抑えるには業者選びがポイント!

業者にシロアリ予防施工をしてもらう費用の相場は、平米あたり2,113円(※ランダムに抽出したシロアリ駆除業者5社の表示料金の平均)です。予防は家全体にする必要があるので、家の広さによっては総額で数十万円になるでしょう。

我が家やお金といった財産を守るためにある程度の費用を使うのは、必要なリスク管理です。住宅のシロアリ予防に使う費用もそのひとつといえます。

とはいえ、誰でも当面の出費は抑えたいのが正直なところでしょう。できるだけ費用を抑えてシロアリ予防をするために重要なポイントになるのが、業者選びです。

シロアリ予防の料金設定は業者によってバラバラで、総額では数万円単位で違ってくることがあるのです。

そのため、シロアリ予防を依頼する際には複数の業者から見積りを取り、よく比較検討して選ぶことが大切です。

業者を選ぶときには料金だけでなく、施工内容や保証にも注目してみましょう。費用を抑えつつ、満足のいく施工をしてくれる業者選びのポイントをご紹介します。

バリア工法の業者を選ぶ

シロアリ駆除業者がおこなうシロアリ予防の方法には、おもにバリア工法ベイト工法があります。

基本的には、ベイト工法よりもバリア工法のほうが安いことが多いです。

バリア工法は床下や土壌に薬剤を散布してシロアリの侵入を防ぐ方法、ベイト工法はシロアリに毒エサを食べさせて死滅させる方法です。

ベイト工法とバリア工法

ベイト工法は毒エサを設置するための装置が比較的高額であることに加え、シロアリが毒エサを食べているかどうかを敵的にチェックする必要があります。その管理費用も発生するため、料金が高いのです。

バリア工法は一度施工すれば5年程度は追加費用がかからないので、バリア工法に対応している業者を選ぶのがおすすめです。

規模の小さい業者を選ぶ

シロアリ駆除や予防をおこなっている業者には全国的に知名度の高い大手企業もあれば、特定の地域で仕事を請け負っている小規模な業者もあります。

従業員の教育や管理、宣伝広告などにコストがかかる大手企業に比べ、地元に根差して運営している小規模業者は料金を安く設定していることが多いです。

単純に費用を抑えるという点では、地元密着型の小規模業者を選ぶのがおすすめです。

保証やアフターフォローがしっかりした業者を選ぶ

個人経営の業者は料金が安い半面、施工に対する保証が不十分であることもあります。

施工後に万が一シロアリが発生してしまった場合に再施工をしてくれるか、被害の補修費用を負担してくれるかといった保証が用意されているかを確認しておく必要があります。

手厚い保証を用意している業者は施工自体の信頼度も高いといえます。

また、定期的な点検をしてくれたり、再度予防施工を依頼する際には割引サービスがあったりといったアフターフォローを用意している業者もあります。

このようなサービスが充実した業者を選べば、長い目で見てお得になるのです。

シロアリ駆除業者の費用や選び方については、▼こちらの記事でもより詳しく解説していますので、ぜひご参考ください。

理想の業者が見つからないときは

業者を選ぶ際には料金も大切ですが、施工内容や保証といったサービス面もよくチェックすることが大切です。

しかし、数多くある業者の中から料金とサービスのバランスのよい信頼できる業者を見つけるのは大変です。

自分で選べるか不安」「探したり吟味したりする時間がない」という方は、ぜひシロアリラボへご相談ください。

シロアリラボでは、全国にある提携業者のなかから最適なシロアリ予防の業者をご紹介するサービスをおこなっています。ご紹介した業者が現場へうかがい、無料で調査と見積りをいたします。

24時間年中無休の相談窓口に、ぜひお気軽にご要望をお聞かせください。

家にシロアリがいないかチェックしてみよう

しっかりとシロアリ対策をしていても、やはりシロアリが発生しないか不安だという方もいるでしょう。シロアリは発見しにくいので、対策の効果が出ているのかどうかも確かめにくいものです。

そこで、自分でチェックできるシロアリ被害のサインと点検のポイントをご紹介します。

こまめにチェックしておくことはシロアリの被害を最小限に抑えるだけでなく、シロアリが発生しやすい環境を見つけて改善する対策にも役立ちます

定期的に家を点検し、異変があればすぐに対処をしましょう。

シロアリ被害のサイン

シロアリの被害はなかなか表に出てきませんが、シロアリがいることを示すサインはいくつかあります。以下は、シロアリが発生している住宅に見られる症状です。

  • 蟻道がある
  • 羽アリがいる
  • フンや木くずが落ちている
  • 羽アリの死骸や羽が落ちている
  • 床がゆがんだりやわらかくなったりしている
  • 扉や窓の開け閉めがしづらくなっている
  • 壁や柱を叩くと空洞音がする

蟻道(ぎどう)とは、シロアリが移動するために作る土の通り道です。蟻道については▼こちらでも解説しています。

また、羽アリは巣を拡大するために生まれたシロアリの仲間です。家の中や周辺に羽アリがいるときは、近くに巣がある可能性が高いです。羽アリについて詳しくは、▼こちらもご参考ください。

シロアリ被害に遭いやすい箇所

シロアリ被害のチェックをする際は、家全体をくまなく見ていくのは大変です。住宅には特にシロアリ被害に遭いやすい場所があるので、そこを重点的にチェックするのが効率的です。

以下の場所に、シロアリのサインが見られないか確認してみましょう。

床下
シロアリの侵入経路になりやすい場所です。点検口などがあればのぞき込んで蟻道が作られていないかチェックしましょう。木部が傷んでいる箇所や水が溜まっている箇所があればシロアリを引き寄せる要因になるので、改善しましょう。
基礎回り
基礎部分の外側に蟻道があることもあります。家を一周して外から確認してみましょう。床下の通気を妨げるものや雑草がないかもチェックしておくとよいです。
玄関
玄関には床下がないことが多いので地面に近く、侵入経路になりやすいです。柱やドアの枠など木造部分の状態をチェックしましょう。
水回り
キッチンや浴室など湿気の多い場所は、シロアリが住み着きやすいです。白く変色している木部がある場合は、湿気で腐食しているおそれがあります。シロアリのエサになる恐れがありますので、早めに修繕しましょう。
屋根裏
シロアリの一種である羽アリは、空を飛んで屋根裏から侵入することもあります。また、雨漏りが発生していると家全体の湿度が上がり、シロアリが発生しやすい環境を作ります。屋根裏に点検口があれば状況を確認し、雨漏りがあれば修繕しましょう。

シロアリの被害やチェック方法については、▼こちらのコラムもぜひご覧ください。

もしもシロアリがいたら……基本の駆除方法

点検をしてみてもしもシロアリがいたときには、すぐに駆除してしまいたいですね。いざというときに動転してしまわないように、シロアリはどのような方法で駆除できるのか知っておきましょう。

自分でできる対処法:掃除機

羽アリを見つけた場合には、掃除機で吸引する方法が有効です。

数匹程度なら殺虫スプレーでも羽アリを死滅させることも可能ですが、羽アリは一度に大量発生することが多いです。大量にいる羽アリを殺虫スプレーで確実に駆除することは困難でしょう。

羽アリ自体は木材を食べませんが、群れの王や女王となるシロアリの親玉です。1匹でも逃がせばそこに巣を作られてしまうおそれがあるのです。

そのため、掃除機で素早く吸い込んでしまう方法がおすすめなのです。

自分でできる対処法:ベイト剤

シロアリに巣を作られているかもしれないという場合には、ベイト工法で駆除するのがおすすめです。ベイト工法は毒エサを仕掛けて駆除する方法で、ベイト剤は一般向けにホームセンターなどでも販売されています。

ベイト剤の基本的な使用方法は、以下のとおりです。実際の使用方法は製品ごとに違いますので、取扱説明書を確認してください。

ベイト工法の手順
  1. シロアリの巣があると思われる場所を見つける
  2. 巣の近くの地面にステーション(ベイト剤を入れる容器)が入る大きさの穴を掘る
  3. 穴にステーションを設置する
  4. 埋められない場所の場合はステーションをテープなどで貼り付ける
  5. ステーションにベイト剤を入れる
  6. 定期的にベイト剤が食べられているかチェックし、減っていればベイト剤を交換する
  7. ベイト剤がまったく食べられない場合は設置場所を変える
  8. 食べられていたベイト剤が食べられなくなったら、巣が全滅したと考えられる

ベイト剤の設置自体は自分でもできる簡単な方法です。ただ、設置する場所を見極めなければシロアリが食いついてくれないこともあります。また、毒エサを食べてからシロアリが死滅するまでには時間がかかります。

そのため、すでに被害が出ていて一刻も早く駆除したいという場合には向かない方法といえます。

業者のバリア工法で即効駆除!

即効性を求めるなら、薬剤を散布してシロアリを死滅させるバリア工法がおすすめです。シロアリはバリア工法で使うに薬剤に触れただけで死んでしまうので、すぐに効果があらわれます。

バリア工法は、基本的に以下の手順でおこないます。

バリア工法の手順
  1. 床下に入り、シロアリがいると思われる木材にドリルで穴を開けて薬剤を注入する
  2. 床下の木材や基礎の表面、土壌の表面全体に薬剤を散布する
  3. 玄関や浴室など床下が居場所は地上から床に穴を開け、薬剤を注入する

薬剤や噴霧器、床下に潜るための防護服などをそろえれば、自分で施工することも可能です。ただし、床下での作業はケガなどの危険がともないます。

安全面や確実性を考慮するならバリア工法の施工は業者に任せるのがおすすめです。

新築時がチャンス!シロアリに強い家作りのポイント

住宅全体にシロアリ対策を施したいなら、家を建てるときよりも最適なタイミングはありません。これから家を建てる方に向けて、新築時に考慮しておきたいシロアリ対策をご紹介します。

ベタ基礎にする

床下の構造には大きく分けて、布基礎ベタ基礎があります。シロアリ対策を考えるなら、床下はベタ基礎にするべきです。

布基礎は地面に土台が突き刺さっている状態なのに対して、ベタ基礎は地面全体をコンクリートで覆う構造です。

ベタ基礎と布基礎

ベタ基礎はシロアリの侵入を物理的に遮ることができるので、シロアリに強いのです。

床下を広くする

床下空間が狭いと、湿気がこもってシロアリの好む環境ができやすくなります。居住空間でない床下を広くするのはもったいなく感じますが、シロアリ対策のためにはとても有効です。

また、人が入れるスペースや点検口を作っておくと、あとあとのメンテナンスや点検がしやすくなります

被害を受けにくい断熱材を使う

室内の温度を保つために、基礎部分に断熱材を付けている住宅も多いです。断熱材はコンクリートや木材よりもやわらかいので、シロアリのエサになりやすいのです。

基礎断熱をする場合には、防蟻処理されたものやシロアリに食べられにくい素材のものを選びましょう

保証をチェックする

住宅を建築するハウスメーカーが住宅に対して付けている保証の中に、シロアリによる被害が含まれているかどうかもチェックしておきましょう。

保証にシロアリ被害が含まれていれば、万が一被害が発生したときにも補修費用などを負担してもらえる可能性があるので安心です。

保証の有無だけでなく、期間や適用条件も確認しておきましょう。

住宅新築時のシロアリ対策については、▼こちらでも詳しく解説しています。

万全なシロアリ対策で家を守ろう!

日頃から自分でシロアリが発生しにくい環境を整えるのも、大切な我が家を守るために重要なシロアリ対策です。

ただ、自分で完璧な対策をするのは困難です。

5年に1度はプロの手を借り、より確実なシロアリ予防を実施しましょう。

業者にシロアリ予防を依頼したいときには、ぜひシロアリラボをご活用ください。

24時間365日受け付けの相談窓口でご要望やお悩みをお伝えいただけば、お応えできるピッタリの業者をご紹介いたします。

シロアリ駆除のことならなんでもご相談ください!!

通話無料

0120-949-580

  • 24時間365日 受付対応

  • 日本全国受付対応

  • ご相談無料