シロアリ駆除の無料相談する

0120-949-580

TOPシロアリヒノキはシロアリの対策に有効?その真偽について!被害を受けないために正しい知識を身に付けよう

ヒノキはシロアリの対策に有効?その真偽について!被害を受けないために正しい知識を身に付けよう

  • ツイート
  • いいね!
  • シェア
  • LINEで送る

ヒノキはシロアリの対策に有効?その真偽について!被害を受けないために正しい知識を身に付けよう

ヒノキはシロアリに強いと言われています。
実際どれくらいシロアリに強いのでしょうか?

結論からいうと、ヒノキの心材には防蟻(ぼうぎ)効果が認められています。
そのため、新築時に木材をヒノキの心材にするのはシロアリ対策として有効です。

ただし、ヒノキで家を建てることで、“まったくシロアリ被害の心配がなくなる”わけではありません。
あくまで、シロアリ被害のリスクを下げるという認識でいたほうがよいです。

そのため、万全を期するのであれば、他の対策を組み合わせるようにしましょう。

詳しく見る

ヒノキには防蟻効果がある

ヒノキには、一定の防蟻効果があることが認められています。ただし、防蟻効果のあるのはヒノキの心材(木の中心付近で赤っぽい部分)のみです。辺材(木の外側で白っぽい部分)には防蟻効果が認められていません。

木の断面(心材と辺材)

国土交通省 国土技術政策研究所の資料によると、ヒノキの心材を床下まわりの建材として使用した場合の防蟻効果は、JAS(日本農林規格)で規定されている“K3”(木材の保存処理性能を表す区分のひとつ)相当となることが伺えます。
参考:国土交通省 国土技術政策研究所 研究資料

“K3”相当とは、保存性能が「通常の腐朽・蟻害のおそれのある条件下で高度の耐久性の期待できるもの」であることを指しています。これは、ヒノキなどの防蟻性能が認められた木材以外だと、薬剤を加圧注入しないと相当しないレベルです。
参考:一般社団法人 全国木材検査・研究協会 製材の日本農林規格

以上のことから、ヒノキを床下まわりに使用するのは、シロアリ対策として有効です。

ヒノキと同じく防蟻効果が認められている木材

実は、防蟻効果が認められているのは、ヒノキだけではありません。ヒノキはJASの規格で防蟻効果が認められている“心材の耐久性区分D1”の樹種となっていますが、そこには以下のようなものも含まれています。

ヒノキ以外のD1樹種(心材)

ヒバ、スギ、カラマツ、ベイヒ、ベイスギ、ベイヒバ、ベイマツ、ダフリカカラマツ、サイプレスパイン

これらの心材はヒノキと同じく、K3の防蟻処理をしたものと同等とされています。そのため、シロアリに強い木造の家を建てようとするのであれば、ヒノキにこだわる必要はありませせん。

参考:農林水産省 製材の日本農林規格

注意!“シロアリに強い木材=加害されない”ではない

ご紹介したように、ヒノキなど心材がD1樹種に分類される木材は、一定の防蟻効果が認められています。しかし、まったくシロアリの被害を完全に防止できるわけではありません。

公益社団法人日本しろあり対策協会でも、以下のように注意を促しています。

国産材ではヒバ、コウヤマキ、ヒノキ、スギなどの芯材は比較的シロアリに強いですが、全く食べないわけではありませんのでご注意下さい。

引用元:公益社団法人日本しろあり対策協会 シロアリQ&A 生態に関すること

実際、日本しろあり対策協会が協力したハワイ大学の実験では、イエシロアリがD1樹種であるヒバの心材を加害したという結果が出ています。そのため、心材がD1樹種であれば完全にシロアリを防げると考えてしまうのは避けましょう。
参考:ハワイ大学研究資料

D1樹種の心材でも防蟻処理をしておくとさらに安心

上述したとおり、D1樹種の心材もシロアリに加害されてしまうおそれがあります。そのため、万全を期するのなら、防蟻処理もしっかりしておくとよいです。

防蟻処理をする場合、処理後5年間の保証をしてもらえることがほとんどです。保証の内容にもよりますが、もしシロアリが発生しても駆除費用を負担せずに済みます。

なお、防蟻処理について詳しく知りたい方は、▼こちらをご覧ください。

基礎や床下の換気もしっかり考えよう

床下をシロアリの侵入しやすい状態にしないことも、対策として有効です。シロアリが侵入しにくくなる方法には、以下のようなことがあります。

  • 基礎をベタ基礎にする
  • 床下がしっかり換気されるような構造にする

ベタ基礎は地面と床下の間を厚いコンクリートで覆ってしまうため、シロアリの侵入を許しにくいです。また、コンクリートが地面から上がってくる湿気を防いでくれます。そのため、床下がシロアリの好む湿度が高い状態になりにくいです。

ベタ基礎

ただ、ベタ基礎でも空気の循環をできないと、湿気がたまってしまいます。そのため、換気をして空気が循環するような仕組みにしておくとよいです。

まとめ

ヒノキの心材などD1樹種には一定の防蟻性能が認められています。そのため、シロアリに強い木造の家を建てたいのであれば、それらの木材を使うのも効果的です。

ただし、防蟻性能が認められた木材であっても、完全に被害を防げるわけではありません。徹底的にシロアリ被害のリスクを下げるのであれば、さらに以下のような対策を組み合わせるとよいでしょう。

  • 防蟻処理をする
  • ベタ基礎にする
  • 床下の通気をよくする

いろいろなシロアリ対策を組み合わせれば、リスクを最小限に抑えることができます。また、どのような対策をしても、シロアリ被害を受けてしまう可能性は0ではありません。定期的に点検をし、もし被害を発見したら早期に駆除することも大事です。

シロアリ駆除のことならなんでもご相談ください!!

通話無料

0120-949-580

  • 24時間365日 受付対応

  • 日本全国受付対応

  • ご相談無料