シロアリ駆除の無料相談する

0120-949-580

TOPシロアリシロアリ駆除の薬剤散布とは?DIYでやる方法と施工費用の相場を紹介

シロアリ駆除の薬剤散布とは?DIYでやる方法と施工費用の相場を紹介

  • ツイート
  • いいね!
  • シェア
  • LINEで送る

薬剤散布はDIYじゃダメ?シロアリ駆除の薬剤散布はプロに任せよう

シロアリ駆除は薬剤散布でおこなうのが一般的です。

ただし、「市販の薬剤で家中全てのシロアリを駆除するのは難しいです。」

市販の薬剤は、目の前のシロアリを駆除したり忌避に有効ですが、木の中に潜むシロアリまで駆除しきるのはまず無理です。

かといって、家中のシロアリを本格的にDIYで駆除するのも現実的ではありません。

シロアリは床下や壁の中などに潜んでいて、駆除するには専門知識や技術、また専用器具が必要です。

(業者が使っている濃度が高い薬剤も必要になります)

そのため、シロアリを発見して薬剤散布で駆除しようと考えているなら、目の前のシロアリだけにしましょう。

市販薬剤でのシロアリ駆除では不十分!?

家でシロアリを見かけたときには、当然駆除することを考えますよね。

しかしシロアリ駆除費用は数十万円かかることもあり、なかなか業者にお願いするのは厳しい…。

そこで費用を安く、また手軽に対応するために、市販の薬剤やスプレータイプの殺虫剤で駆除することを考える方も多いでしょう。

ただ、この方法ではシロアリ駆除を十分におこなえないことがあります。

まずはその理由を見ていきましょう。

やみくもに薬剤を使用するリスク

市販の薬剤だけだと……

  • 忌避(きひ)性があるためシロアリに逃げられる
  • 家中にシロアリが散ってしまう
  • しっかり駆除できず他の場所でシロアリに巣を作られる

そもそもシロアリというのは、家で1匹見かけたら他にも大量に潜んでいるもの。

そこで忌避(きひ)性のある殺虫剤などを使用してしまうと、シロアリに逃げられてしまうおそれがあるのです。

大量のシロアリが逃げて家中に散ってしまうと、もう手の付けようがなくなってしまいます…。

また、駆除できず生き残ったシロアリが他の場所で巣を作ってしまうこともあるため、「市販の薬剤がどういう場合に有効か?」を見極めて使う必要があるのです。

そのためシロアリを見かけたからといって、とりあえず駆除をしようと安易に市販の薬剤を家中に散布するのはやめるようにしましょう。

シロアリが現れたときの応急処置

市販の薬剤では不十分といっても、「じゃあ何か手軽にできる駆除方法はないの?」と思いますよね。

家に出現したシロアリを駆除するには、なにも薬剤散布だけが手段ではありません。

【応急処置】シロアリを駆除する方法

■掃除機で吸う
むやみに薬剤を散布できないなら、掃除機で吸ってしまうのもありです。
若干大量に出現した
そのため、掃除機で吸うことで与えられる衝撃で死滅させることができます。
■粘着テープを貼る
粘着テープをシロアリが出現した場所の近くで貼ると、巣から出てきたシロアリへのトラップとなります。
■お湯をかける
シロアリが活動をおこなううえでの適温は約12~30度です。
そのため、約70~100度のお湯をかけることで死滅させることができます。

家に現れたシロアリに関しては、これらの応急処置で駆除することができます。

いずれも身近なものでおこなうことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリを1匹でも見たなら大量に潜んでいる可能性がある

家に現れたシロアリは、掃除機や粘着テープ、またお湯を使用することで駆除することができます。

手段は薬剤散布以外にも色々あるんですが、これはあくまで応急処置です。

シロアリを1匹でも家で見かけたなら、他の場所にも大量に隠れている可能性があるため、目の前のシロアリを駆除しても、これはその場しのぎで根本的な解決にはなりません。

つまり、結局シロアリをしっかり駆除したいなら根本的な解決が必要というわけです。

とはいえ、シロアリは目に見えない床下や壁の中などに潜んでいることが多く、しっかりと駆除をおこなうためには専門知識や技術、また専用器具が必要です。

時には家の木材に穴を空けて薬剤を直接注入する必要もあるので、DIYではどうしても限界はあるんですね…。

シロアリ駆除をいきなり業者に任せる自分でおこなうことは難しいため、まずはプロの業者に相談するようにしましょう。

プロによるシロアリ被害への薬剤散布方法

シロアリ駆除を市販の薬剤を使用しておこなっても、十分におこなえないことがあります。

また、掃除機や粘着テープ、お湯を使用して目の前に現れたシロアリを駆除する応急処置も、他に床下や壁の中などにも大量に潜んでいる可能性があるため、根本的な解決にはなりません。

そのためシロアリ駆除はプロの業者に相談することがおすすめとなるわけですが、具体的にどのような方法で対応してくれるのか気になる方も多いかもしれませんね。

そこで、プロの業者がシロアリを薬剤散布で駆除する方法をご紹介していきます。

薬剤散布は3つの施工方法でおこなう

そもそもシロアリは、地面から床下へ侵入して家に被害を及ぼします。

そのため、プロの業者はそんな床下において、土壌処理と木部処理と呼ばれる方法で薬剤散布をおこないます。

また、床下から対応できない場合や壁の中などにシロアリの被害が疑われる場合は、上回り処理と呼ばれる方法で薬剤散布をおこなうこともあります。

つまりプロの業者は、大きく以下の3つの施工方法による薬剤散布でシロアリ被害に対応するということです。

プロの業者がおこなう3つの薬剤散布方法

  • 土壌処理
  • 木部処理
  • 上回り処理

それぞれを詳しく見ていきましょう。

土壌処理

土壌処理の方法

シロアリにはいくつか種類がいますが、家に被害を及ぼすことが多いのは、ヤマトシロアリとイエシロアリです。

これらは地下シロアリと呼ばれることからもわかるように、地面の中に生息しています。

そんな地面から、そもそも床下へ侵入することを予防するためにおこなう薬剤散布方法が、土壌処理です。

具体的には、床下にて地面の表面へ、また地面の中へ注入するといった方法で薬剤散布をおこないます。

なお、シロアリが地面から床下へ侵入するときには、基礎や配管、また束石などを狙ってきます。

そのため、これらのポイントには重点的に薬剤散布をおこないます。

木部処理

木部処理の方法

シロアリは、木材に含まれるセルロースと呼ばれる繊維を主食とします。

そのため、床下の土台や柱などの木材でシロアリの被害にあうことが多いです。

そんなこれらの木材を守るためにおこなう薬剤散布方法が、木部処理です。

なお、木部処理は穿孔(せんこう)処理と吹き付け処理とステップを踏んでおこないます。

穿孔処理では、木材にドリルなどで穴をあけて、そこに薬剤を注入します。

床下の土台や柱などの木材は、シロアリの侵入経路でもあり、生息場所でもあります。

そのため、この穿孔処理によって、シロアリの駆除をおこなうことができます。

なお、木材の内側だけでなく、そもそもここへ侵入させないようにするために、外側にも薬剤散布をおこないます。

これが、吹き付け処理です。

噴霧器などの専用器具を使用して、木材の外側にムラなく薬剤散布をおこないます。

上回り処理

上回り処理の方法

シロアリ駆除を薬剤散布でおこなう方法としては、床下での土壌処理と木部処理が基本となります。

しかし、なかには床下から薬剤散布をおこなえない場合もあります。

というのも、浴室や玄関などは床下において塞がれていることがあるのです。

このような場合に、床下からではなく床上からおこなう薬剤散布方法が、上回り処理です。

浴室や玄関などではタイルに穴をあけて、そこからノズルや高圧注入器といった専用器具を使用して薬剤散布をおこないます。

また、他に壁の中などでシロアリの被害が疑われる場合も、穴をあけて薬剤を注入するという方法で対応します。

プロの対策なら駆除と予防の効果が期待できる

ここまで、プロの業者がシロアリを薬剤散布で駆除する方法をご紹介してきました。

土壌処理や木部処理、そして上回り処理の具体的な方法から、自分でおこなうその場しのぎの対応ではなく、目に見えない場所に隠れているシロアリを根本から駆除できることがわかっていただけたでしょう。

また、薬剤散布には単にシロアリ駆除をおこなうだけでなく、予防の効果もあります。

シロアリは地面から床下へ侵入してきますが、薬剤散布をおこなうことでこの間にバリアを作ることになります。

これにより、シロアリの侵入を予防する効果も期待できるのです。

このように、プロの業者であれば根本的なシロアリ駆除はもちろん、今後の予防もあわせておこなってくれます。

そのため、しっかりとシロアリ被害に対応するためにも、まずはプロの業者に相談するようにしましょう。

プロの薬剤散布をDIYでおこなうのは現実的ではない

プロの業者による薬剤散布は、潜んでいるシロアリもまとめて駆除できるため根本的な解決が期待でき、加えて今後の予防にもなります。

そのため、なかにはそんなプロの業者の薬剤散布を、「DIYでおこなおう!」と考える方もいるかもしれませんね。

しかし結論をいうと、これは現実的ではありません。

その理由は、以下のとおりです。

自分での薬剤散布が難しい理由

  • 事前準備が大変で時間がかかる
  • 自分で施工できる範囲が限られる
  • 薬剤の使用には危険を伴うことがある

つまりDIYでの薬剤散布では、スピーディーに確実に、そして安全にシロアリ駆除をおこなうことが難しいということ。

そのため、先にお伝えすると、自分でシロアリ駆除を薬剤散布でおこなうのではなく、やはりプロの業者に相談することがおすすめとなります。

事前準備が大変で時間がかかる

薬剤散布でシロアリ駆除をおこなう場合、基本的な方法は土壌処理と木部処理となります。

なお、これらの薬剤散布方法は、床下へ潜っておこなわなければいけません。

そのため、まずは実際に薬剤散布をおこなう前に、以下のようなものを用意する必要があります。

薬剤散布をおこなううえで必要なもの

  • 懐中電灯
  • 作業服
  • ゴーグル
  • マスク
  • 軍手
  • 薬剤
  • 専用器具

まず懐中電灯ですが、当然床下は暗いため、必要となります。

また、普段から手入れをおこなっていない限り、床下の環境は不衛生であることが多いです。

加えて、薬剤散布をおこなうだけといってもケガのリスクがないわけではありません。

そういった理由から、身を守るための作業服やゴーグル、マスクや軍手なども必要です。

そして忘れてはならないのが、薬剤と専用器具です。

ただ薬剤に関しては、シロアリの被害状況によってどれくらいの量が必要になるのかが変わってきます。

また専用器具についても、シロアリの被害状況にあわせてどんな方法で薬剤散布をおこなうのかで、噴霧器やノズル、高圧注入器や薬剤を入れておくタンクなど、具体的に必要となるものは変わってきます。

つまり、薬剤や専用器具などの用意が必要であることはもちろん、それ以前にシロアリの被害状況の確認もしなければならないのです。

以上のことからもわかるように、DIYによる薬剤散布でシロアリ駆除をおこなう際には、事前準備が大変で、これにより時間もかかってしまうのです。

自分で施工できる範囲が限られる

薬剤散布でシロアリを駆除する方法には、土壌処理と木部処理、また上回り処理があります。

ただ、DIYではどうしても自分で施工できる範囲が限られます。

というのも、木部処理における穿孔処理、また上回り処理は、DIYでおこなうことは難しいのです。

穿孔処理では、家を支えている部分に穴をあけることになります。

そのため、専門知識がないと場合によっては家の強度に影響を及ぼすおそれがあります。

また、効果的にシロアリを駆除するうえで、どこを対象におこなえばよいのかを見極めるためにも、専門知識が必要です。

加えて、実際に作業するのは暗くて狭い床下になるため、慣れていない一般の方にとってはおこなうのは難しいのです。

また上回り処理も、同じように家に穴をあけることになります。

ただこの方法については、ノズルや高圧注入器などの専用器具が必要となるため、そもそも自分でおこなうにはハードルが高いです。

なお、仮に専用器具を用意できたとしても、実際に薬剤を散布するうえではどこに穴をあければよいのかといったことに専門知識が必要です。

また、薬剤散布をおこなった後、穴をあけた床上の見た目が悪くなってしまうおそれもあります。

このように、DIYによる薬剤散布でシロアリ駆除をおこなううえでは、できる範囲に限界があるのです。

その結果、確実にシロアリを駆除することができないおそれがあります。

薬剤の使用には危険を伴うことがある

DIYによる薬剤散布でシロアリ駆除をおこなううえでは、当然自分で薬剤を使用することになります。

なおこの薬剤に関しては、現在はシロアリ研究における権威的な組織である日本しろあり対策協会が安全の認可をおこなっています。

そのため、この認可された薬剤を使用することで比較的安全にシロアリ駆除をおこなうことはできるでしょう。

とはいえ、薬剤の中には人やペットなどに悪影響を及ぼすおそれのある成分が含まれるものもあり、使用には危険を伴うことがあるのです。

以下で確認してみましょう。

薬剤に含まれる成分

■ネオニコチノイド系
タバコのニコチンに似た成分ですが、昆虫だけに効果があります。
シロアリに対して忌避性はなく、伝達異常を起こさせて興奮状態にすることで駆除することができます。
■カーバメート系
神経に働きかける成分で、除草剤などにも使用されています。
シロアリを興奮状態にして中毒症状に陥らせることで、駆除することが可能です。
ただし、人などに対しても悪影響を及ぼすおそれがあります。
■ピレスロイド系
除虫菊の花に含まれる殺虫成分である、ピレストリンに似た成分です。
シロアリに対して、麻痺や痙攣などの症状を起こさせて駆除することができます。
即効性があるものの、忌避性もあります。
ただ、魚類などに悪影響を及ぼすおそれがあります。
■フェニルピロール系
細胞の変化を促す成分です。
シロアリに呼吸障害を起こさせて、駆除することができます。
ただ、人はもちろん、犬や猫、魚類などにも悪影響を及ぼすおそれがあります。
■フェニルピラゾール系
高い殺虫効果のある成分です。
シロアリに対しては伝達異常を起こさせて興奮状態にすることで、駆除することができます。
また、忌避性がなく効果が緩やかに出るため、複数のシロアリをまとめて駆除することが期待できます。
ただ、効果が大きい反面、人や魚類などに悪影響を及ぼすおそれがあります。

また、そもそも安全な薬剤であるといっても、それは正しい方法で使用した場合です。

これらの薬剤の使用に慣れていない一般の方では、そのつもりがなくても誤った方法で取り扱ってしまうこともあるでしょう。

このように、DIYで薬剤散布をおこなううえでは、薬剤の使用には慎重にならなければならず、また実際に危険を伴うこともあるのです。

プロならスピーディー・確実・安全にシロアリ駆除が可能

プロの業者がおこなう薬剤散布は、自分でおこなうにはハードルが高いです。

まず事前準備が大変で時間がかかるうえ、DIYではおこなえる範囲に限界があるため確実にシロアリ駆除をおこなえないおそれがあります。

また、慣れていない薬剤を使用しなければならず、危険を伴うおそれもあります。

そのため、シロアリ駆除を薬剤散布でおこなう場合には、プロの業者に相談するようにしましょう。

プロの業者であれば、スピーディーに確実に、そして安全にシロアリ駆除をおこなってくれます。

より安全性・確実性を求めるならベイト工法

シロアリ駆除は薬剤散布でおこなうのが一般的です。

しかし、他にベイト工法と呼ばれる方法もあります。

ベイト工法では、シロアリを巣ごと駆除する効果があり、また使用する薬剤が安全であるという特徴を持っています。

そのためシロアリを駆除するうえで、より安全性と確実性を求める場合におすすめの方法です。

ここでは、そんなベイト工法の具体的な効果、また薬剤散布と比較しての特徴をご紹介していきます。

ベイト工法の効果と仕組み

ベイト工法とは簡単にいうと、ステーションと呼ばれる容器にベイト剤、つまり毒エサを入れて、これを家の周りの地面の中に設置して、シロアリに食べさせることで駆除するというものです。

なお、ベイト工法の効果は単にその場でベイト剤を食べたシロアリを駆除するだけではありません。

巣にいるシロアリもまとめて駆除することができます。

これを可能としているのが、シロアリの習性です。

シロアリには、エサを巣に持ち帰る習性があります。

そのため、ベイト剤をエサだと思ったシロアリは、これを巣へ持ち帰るのです。

そうすると、巣にいるシロアリにもベイト剤を食べさせることができます。

その結果、シロアリを巣ごと駆除することができるのです。

薬剤散布との違いから見るメリットとデメリット

ベイト工法には、シロアリを巣ごと駆除できることが大きなメリットとしてあげられます。

なお、他にもメリットがあり、またデメリットもあります。

そこでここでは、一般的なシロアリ駆除の薬剤散布方法と比較して、ベイト工法のメリットとデメリットを見てみましょう。

  ベイト工法 薬剤散布
メリット ・シロアリを巣ごと駆除できる

・使用する薬剤が安全
・即効性がある

・効果が約5年続く
デメリット ・効果は緩やかに出る

・定期的なメンテナンスが必要
・使用する薬剤によっては危険を伴う

ベイト工法には、シロアリを巣ごと駆除できることに加え、使用する薬剤が安全であることもメリットとしてあげられます。

ベイト工法で使用される薬剤はIGR剤と呼ばれるもので、これは脱皮や羽化を阻害することが効果となるため昆虫にしか効きません。

そのため、薬剤散布で使用される薬剤と比較すると安全なのです。

ただし、ベイト工法はシロアリを巣ごと駆除することを目的としているため、どうしても効果が出るまでに時間がかかってしまうことがデメリットとなります。

また、薬剤散布は約5年効果が続くため定期的なメンテナンスが不要ですが、ベイト工法ではそうはいきません。

ベイト工法においては、ベイト剤をシロアリが食べれば減っていくため、これを補充するために定期的にメンテナンスをおこなう必要があります。

そのため、手間がかかるということから、この点もベイト工法のデメリットといえるでしょう。

ただ繰り返しになりますが、シロアリを巣ごと駆除できて使用薬剤に危険もほとんどないため、確実性と安全性を求める場合にはおすすめの方法といえます。

ベイト工法を自分でおこなうのは難しい

シロアリを巣ごと駆除できること、また安全におこなえることから、ベイト工法を試してみようと考える方も多いでしょう。

しかし、このベイト工法をおこなううえでは専門知識を必要とします。

というのも、ベイト工法で効果を出すためには、当然シロアリにベイト剤を食べさせなければいけません。

つまり、そのためにはどこに設置すればよいのかということを、しっかりと見極める必要があるのです。

見当違いな場所に設置してしまった場合には、一向に効果が出ないなんてことにもなりかねません。

またこの場合には、シロアリの被害がどんどん拡大してしまうおそれもあります。

そのため、もしベイト工法でのシロアリ駆除を考えているのであれば、まずはプロの業者に相談するようにしましょう。

シロアリ駆除をプロに依頼するときの費用相場

シロアリ駆除は、薬剤散布でおこなう場合もベイト工法でおこなう場合も、いずれにおいてもプロの業者へ相談することがおすすめです。

ただ、プロの業者にシロアリ駆除をおこなってもらううえでは、費用が気になる方も多いでしょう。

そこで、実際にプロの業者にシロアリ駆除をおこなってもらうときの費用相場を調査してみました。

  薬剤散布 ベイト工法
費用相場 6,658円/坪

2,016円/㎡
5,273円/m

※当サイト調査費用(5社の平均)

※1坪3.3㎡として計算

費用相場の調査結果は、上記のとおりです。

まずシロアリ駆除を薬剤散布でおこなう場合についてですが、こちらは単価が1坪もしくは1㎡あたりで定められています。

上記のとおり、1坪あたり6,658円、1㎡あたり2,016円が費用相場です。

仮に30坪の戸建で考えると、かかる費用は約199,740円となります。

一方ベイト工法でのシロアリ駆除の費用についてですが、こちらは家の外周1mあたりで単価が定められています。

上記のとおり、1mあたりの費用相場は5,273円です。

ちなみに、30坪の戸建の外周平均を40mとすると、約210,920円となります(30坪を100㎡として面積の縦と横を10mで計算)。

ただベイト工法については、定期的なメンテナンスをおこなう必要があるため、これにその分の数万円が追加されることになります。

※シロアリ駆除の費用についてもっと詳しく知りたい方は▼こちら

なお、シロアリ駆除を薬剤散布でおこなう場合もベイト工法でおこなう場合も、どちらも費用はケースバイケースです。

というのも、シロアリ被害の具体的な状況や実際に施工する床下などの環境、また使用する薬剤などさまざまなことが関係して、費用は大きく変動するのです。

そのため、シロアリ駆除をプロの業者におこなってもらううえでは、まずは見積もりを取るようにしましょう。

シロアリ被害チェックリスト

シロアリを見かけたときには、まずはあわてずに対応することが大切です。

とくに市販の薬剤でシロアリ駆除をおこなうことは、十分に対応することができない場合があり、また被害が拡大するおそれもあるため、やめるようにしましょう。

家に現れたシロアリに関しては、掃除機や粘着テープ、またお湯を使用することで駆除できるので、落ち着いて対応してください。

ただ、シロアリを見かけたときには他の場所にもっとたくさん潜んでいることが考えられます。

以下のチェックリストに該当するものがある場合、その可能性が疑われるので確認してみてください。

シロアリ被害チェックリスト

□羽アリを見た

羽アリが発生するのは巣に危険が迫ったり、シロアリの数が多くなりすぎたりしたときです。

つまり、すでに巣が作られていることが考えられます。

□蟻道がある

蟻道はシロアリの通り道のことです。

とくに床下で蟻道が見られるなら、シロアリが侵入しているかもしれません。

ちなみに、蟻道は床下の木材やコンクリートなどに沿うように作られて、シロアリの通り道であることからトンネルのように半円形になっていることが特徴です。

□床がきしんだり浮いたりする

シロアリの被害は床下の木材で多く見られます。

そのため、目に見える被害として、その真上の床で異常が見られることがあります。

□浴室や玄関で湿気が多い

シロアリはジメジメした湿気の多い環境を好みます。

そしてそんな環境に家で当てはまるのが、とくに浴室や玄関です。

これらの場所で湿気が多いなら、シロアリが潜んでいるかもしれません。

□壁を叩くと空洞音がする

シロアリは壁の中にも隠れていることが多いです。

もし壁を叩いて空洞音がする場合、シロアリの被害にあっていて、内側を食べられていることが考えられます。

また、現れたシロアリを駆除して一安心してしまうかもしれませんが、その間にシロアリの被害はどんどん拡大してしまいます。
上記のチェックリストに該当する場合、応急処置で目の前のシロアリを駆除しても根本的な解決にはなりません。

そのため、しっかりとシロアリを駆除するためにも、まずはプロの業者に相談するようにしましょう。

シロアリ駆除のことならなんでもご相談ください!!

通話無料

0120-949-580

  • 24時間365日 受付対応

  • 日本全国受付対応

  • ご相談無料