ゴキブリの卵の特徴は?産卵や孵化時期、駆除方法についてもご紹介!

投稿日: 2018/11/28

ゴキブリの卵は、卵鞘(らんしょう)と呼ばれる固い鞘に包まれていて、鞘から一斉に幼虫が孵化するんじゃ。ゴキブリの種類によって異なるが、ひとつの卵鞘には、最大で40個前後の卵が入っておる。ということは、一生のうちに卵鞘を10回産むとしたら、一匹のメスから400匹以上の幼虫が出てくる可能性もあるから厄介じゃ。

ゴキブリの卵の特徴|卵鞘の色や大きさ、形、卵の数

ゴキブリの卵は、「卵鞘(らんしょう)」と呼ばれる丈夫な袋に並んで入っています。どのゴキブリの卵鞘もキチン質(甲殻類の殻などの主成分)から成っていますが、大きさや形状に多少の違いが見られます。

屋内でよく見られる4種のゴキブリの卵鞘は以下の通りで、その特徴は、大型ゴキブリと小型ゴキブリで分けられます。また、どのゴキブリも、卵鞘の中の卵は、きれいに整列しているのです。

大型 小型
卵鞘画像 クロゴキブリ ヤマトゴキブリ ワモンゴキブリ チャバネゴキブリ
サイズ 7mm前後~1cm前後 5mm前後
黒っぽい茶色や濃い茶色 薄い茶色
形状 がま口型・丈夫で固い 長方形型・丈夫だが柔らかい
卵の数 10数個~20数個 30数個~40数個
大型 小型
卵鞘画像 クロゴキブリ ヤマトゴキブリ ワモンゴキブリ チャバネゴキブリ
サイズ 7mm前後~1cm前後 5mm前後
黒っぽい茶色や濃い茶色 薄い茶色
形状 がま口型・丈夫で固い 長方形型・丈夫だが柔らかい
卵の数 10数個~20数個 30数個~40数個

きれいに並ぶ卵

クロゴキブリの卵鞘を開いた状態。左右に13個ずつの卵がある。
このようにして、ゴキブリの卵は整列した状態で鞘に収まっている。
どのゴキブリも、卵鞘のギザギザ部分の方に頭部分が位置している。

大型ゴキブリの卵鞘は、それぞれの見分けがつかないくらいに似ていますよね。一般家庭でもっともよく見られるのはクロゴキブリですから、左端のがま口は見覚えがある方もいらっしゃる方もいるかもしれませんね。チャバネゴキブリは、主に工場や飲食店にいますが、もし家の中にいたら、卵の数が多いので大変です。


ゴキブリの産卵から幼虫になるまで

卵鞘の特徴に違いがあるように、産卵方法や産卵回数などにも違いがあります。

ゴキブリの産卵方法と産卵(卵鞘)回数

【大型】クロゴキブリ・ヤマトゴキブリ・ワモンゴキブリ

卵鞘の先がお尻からピュッとでてきて1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付けます。その1~2週間後に、再度、卵鞘をピュッとお尻から突き出し、1~2日後に産み付けるという流れで、産卵(産卵鞘)が行われます。

例:クロゴキブリ

産卵(産卵鞘)回数の平均は、クロゴキブリ約10回、ヤマトゴキブリ7.4~19回、ワモンゴキブリ18回以上です(辻󠄀,2018)。

【小型】チャバネゴキブリ

お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします。チャバネゴキブリは、大型ゴキブリたちのように、産み付けることはしません。卵鞘が落下してから1週間程度経つと、再度、卵鞘をお尻から突き出し、そのまままた20日前後抱え続けた後に産み落とす、という流れで産卵(産卵鞘)が行われます。

産卵鞘回数の平均は、4~8回です。

大型と小型では、産卵方法も違えば、産卵の回数にも大きな差があるのです。

産卵方法 産卵(卵鞘)回数の平均 卵鞘ひとつあたりの卵の数
大型 クロゴキブリ 卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 約10回 10前後~20前後
ヤマトゴキブリ 7.4~19回
ワモンゴキブリ 18回以上
小型 チャバネゴキブリ お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします 4~8回 20前後~40前後
産卵方法
産卵(卵鞘)回数の平均 卵鞘ひとつあたりの卵の数
大型
クロゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。
約10回 10前後~20前後
ヤマトゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。
7.4~19回 10前後~20前後
ワモンゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。
18回以上 10前後~20前後
小型
チャバネゴキブリ
お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします。
4~8回 20前後~40前後

(辻󠄀,2018/『薬局』2018Vol.69,No.8より抜粋して作成。※孵化幼虫数は四捨五入等をして単純化してある)

ゴキブリの産卵場所(屋内の場合)

【大型】クロゴキブリ・ヤマトゴキブリ・ワモンゴキブリ

大型ゴキブリの産卵場所
  • 屋根裏、縁の下
  • 引き出しの隅や裏
  • 家具の裏
  • 排水溝の隅

などの、目も手も届きにくい、湿気のある場所に卵鞘を産み付けます。
クロゴキブリが木造部分に卵鞘を産み付ける場合には、産み付ける場所をご丁寧にかじることがあります。さらに、かじって出た木くずを乗せて、卵鞘を隠すのです。

【小型】チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリの産卵場所
  • 隠れ場所(巣)
  • 巣の周辺

でポロリと落とすことが多いでしょう。
卵鞘はゴキブリ自身の体重と同じくらいに重いため、お腹に卵鞘を抱えているメスはあまり巣から出ません。至近距離に水は飲みに行くものの、餌を探しにいくことはあまりなく、じっとして過ごします。したがって、ポロリと卵鞘を落とすのも、巣や巣の周辺でというわけです。
巣について詳しくは⇒『ゴキブリの巣はどこにある?対策場所をチェックしよう!』

ゴキブリが孵化するタイミング

大型のクロゴキブリ、ヤマトゴキブリ、ワモンゴキブリも、小型のチャバネゴキブリも、ひとつの卵鞘内にある卵の孵化は一斉にはじまります。孵化した数時間後には体が茶色く色づきます。

ワモンゴキブリが孵化する様子

卵鞘内の卵が一斉に孵化し始めるのは同じですが、孵化するタイミングは異なります。つまり、卵の期間が違うのです。

【大型】クロゴキブリ・ヤマトゴキブリ・ワモンゴキブリ

産み付けられてから約1カ月に孵化

これらのゴキブリの卵鞘は頑丈なため、水分が保持されて、卵鞘だけで孵化への準備ができるのだと考えられます。

クロゴキブリは、産み付けられて約8カ月ほど経ってからやっと孵化するケースもあります。それは、卵が越冬休眠(成長を停止する休眠に入ってから越冬すること)する場合。

冬越しする卵もしない卵も、卵の数や卵鞘の見た目は同じです。実は、9月中旬以降に産み付けられた卵は1カ月以上経っても孵化しません。まだ暖かいうちから、冬越しに備えて準備態勢を整えているのです。おそらく、気温はまだ十分に高いにもかかわらず、その頃になると(日の長さなどに反応して)成虫が休眠卵を産むのだと推定されます。幼虫も同じで、その頃には自分の発育を止めて冬越しに備えます。

クロゴキブリの卵が越冬する場合

クロゴキブリは幼虫か卵の状態で越冬し、その多くは、暖かくなってきた5、6月~9月の間に成虫となる。その成虫は、6月~10月の間に卵鞘を産むんじゃ。7~9月前半に産み付けられた卵鞘は8月~11月の間に孵化し、幼虫で越冬する。ヤマトゴキブリは、幼虫では越冬するが、卵の越冬は難しいと考えられておるんじゃ。クロゴキブリの場合は、どの時点で越冬するのかによって、孵化するまでの期間が変わってくるというわけじゃ。

【小型】チャバネゴキブリ

産み落とされてすぐに孵化

チャバネゴキブリの卵鞘は、大型のゴキブリのようには頑丈ではなく、水分が保持されないために、メスが抱きかかえ続けることで卵に水分を提供しているのだと考えられます。そうやって孵化への準備をし、完了したらポロリ、というわけです。

例えばチャバネゴキブリのお尻から卵鞘が出て数日で卵鞘をむしり取ってしまうと、卵は乾燥して孵化しません。反対に、むしり取った卵鞘を100%近い湿気のあるところに置いておくと、孵化することがわかっています。

以下の右側は卵期間の平均です。

産卵方法 卵期間(27°C)の平均
大型 クロゴキブリ 卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 41日
※越冬時は8カ月
ヤマトゴキブリ 27日
ワモンゴキブリ 39日
小型 チャバネゴキブリ お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします 20日
産卵方法 卵期間(27°C)の平均
大型
クロゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 41日
※越冬時は8カ月
ヤマトゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 27日
ワモンゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 39日
小型
チャバネゴキブリ
お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします 20日

(辻󠄀,2018『薬局』2018Vol.69,No.8より抜粋して作成。※孵化幼虫数は四捨五入等をして単純化してある)

孵化するゴキブリの数

どのゴキブリも、100%孵化することはあまりありません。
環境の違いや卵の質によって、たくさん孵化するときもあれば、ほとんど孵化しないときもありますが、それらのデータを可能な限りまとめて、ひとつの卵鞘あたりの孵化幼虫の平均数を出してみると、以下のようになります。

卵鞘ひとつあたりの孵化幼虫数の平均

卵鞘ひとつあたりの孵化幼虫数の平均 卵鞘ひとつあたりの卵の数
大型 クロゴキブリ 19 10前後~20前後
ヤマトゴキブリ 12
ワモンゴキブリ 16
小型 チャバネゴキブリ 35 20前後~40前後
卵鞘ひとつあたりの孵化幼虫数の平均 卵鞘ひとつあたりの卵の数
大型
クロゴキブリ
19 10前後~20前後
ヤマトゴキブリ
12 10前後~20前後
ワモンゴキブリ
16 10前後~20前後
小型
チャバネゴキブリ
35 20前後~40前後

(辻󠄀,2018/『薬局』2018Vol.69,No.8より抜粋して作成。※孵化幼虫数は四捨五入等をして単純化してある)

ゴキブリの卵は殺虫剤では駆除できない!?

卵鞘を見つけたら、プチっと潰すのがいちばんです。中の卵が潰れるほど踏みしめなくとも、鞘が開けば中の卵は乾いて死にます。

殺虫剤を撒いても、卵を完全に駆除することはできません。
クロゴキブリ・ヤマトゴキブリ・ワモンゴキブリの大型ゴキブリの卵鞘は頑丈なので、中の卵まで薬剤成分が浸透しないのです。

チャバネゴキブリの卵鞘は、大型ゴキブリの卵鞘ほど頑丈ではありませんが、薬剤成分が浸透しにくく、薬剤が届かなかった卵は生き残ります。

実際に、チャバネゴキブリの隠れ場所に殺虫剤を撒くと、成虫や幼虫は死にます。もちろん、卵鞘を抱えているメスも死にます。ところが、中の卵が生きている場合があるのです。
殺虫剤が撒かれたときに卵が確実に死ぬのは、メスが驚いて逃げ惑ったり、体が痺れたりして卵鞘をポロリと落としてしまったとき。まだ母親から水分をもらう必要のある時期に落とされてしまうと、卵は乾燥して死滅します。薬剤成分よりも、乾燥するほうが確実に死ぬわけですね。

チャバネが厄介なのは、屋内に侵入したら基本的にそこで繁殖するからなんじゃ。クロゴキブリやヤマトゴキブリ、ワモンゴキブリも屋内に卵を産み付けることはもちろんあるが、行動範囲が広く、また外へ出て行くこともあるんじゃ。しかしャバネは、卵の数が多く、孵化率も高いので、放っておいたら巣でどんどん増殖してしまうわけじゃな。

卵鞘および卵は、目立たない場所にあるので気付きにくく、さらには薬剤が効きにくいため、駆除は難しいと言えます。ですから、生息場所にベイト剤(毒餌剤)を設置して、卵から孵化した幼虫を殺す、もしくは、産卵の前に死んでもらう、というのがもっとも効果的です。
ベイト剤の設置場所について詳しくは⇒『「ベイト剤」の効果的な設置場所とゴキブリを寄せ付けない4つのポイント』


まとめ

今回は、屋内でよく見る4種類のゴキブリの卵、および卵鞘の特徴とその対策について詳しく見てきました。
大型のクロゴキブリ、ヤマトゴキブリ、ワモンゴキブリと、小型のチャバネゴキブリとでは、卵の数や卵鞘の特徴、産卵方法などが違いましたね。

【大型】クロゴキブリ・ヤマトゴキブリ・ワモンゴキブリ

【小型】チャバネゴキブリ

産卵方法 卵鞘ひとつあたりの卵の数 産卵(卵鞘)回数の平均 卵鞘ひとつあたりの孵化幼虫数
大型 クロゴキブリ 卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 10前後~20前後 約10回 19
ヤマトゴキブリ 7.4~19回 12
ワモンゴキブリ 18回以上 16
小型 チャバネゴキブリ お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします 20前後~40前後 4~8回 35
産卵方法 卵鞘ひとつあたりの卵の数
産卵(卵鞘)回数の平均 卵鞘ひとつあたりの孵化幼虫数
大型
クロゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 10前後~20前後
約10回 19
ヤマトゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 10前後~20前後
7.4~19回 12
ワモンゴキブリ
卵鞘の先がお尻から突き出て1~2日間後に、湿気の多い場所に産み付ける。 10前後~20前後
18回以上 16
小型
チャバネゴキブリ
お尻から突き出た卵鞘を20日前後抱え続けた後に、ポロリと産み落とします 20前後~40前後
4~8回 35

(辻󠄀,2018/『薬局』2018Vol.69,No.8より抜粋して作成。※孵化幼虫数は四捨五入等をして単純化してある)

とはいえ、卵および卵鞘が駆除しにくいのは、大型のゴキブリも小型のゴキブリも同じ。そして、とるべき対策も同じです。
もし、卵鞘を見つけたときは、
・プチっと潰す
・見つけた場所の周辺にベイト剤を設置

の2つを行いましょう。
見えない場所に他の卵があったとしても、ベイト剤を設置しておけば、孵化した幼虫を待ち伏せして駆除することができます。次の年には家の中でゴキブリを見なくて済むかもしれませんよ!
おススメのベイト剤は⇒『最強ベイト剤ベスト5|ゴキブリ対策アイテムを編集部が徹底比較』
ゴキブリ4種の生態について詳しくは⇒『ゴキブリ4種の生態|生息地・成長・行動・寿命の違いとは?』

ゴキブリの生態や対策方法、気になる情報を発信中

Twitterでゴキラボをフォローする

関連記事

新着記事

TAGTAG

Backtotop